• 低身長について
  • 夜尿症について
  • 腎臓病について
  • ドクター紹介
  • クリニックの案内
  • 交通アクセス
  • 出版物&メディア掲載
  • 低身長・夜尿症・腎臓病Q&A
  • 診察時間
  • 専門外来の初診の方は、お電話でご予約下さい。
  • お問合せ
  • TEL.092-522-0505 FAX.092-522-0039
  • 〒810-0014
    福岡県福岡市中央区平尾2-5-8
    西鉄平尾駅ビル3F


夜尿症とは





赤ちゃんの頃はオムツが必要ですが、だいたい2~3歳までに尿意の自覚が出来るようになり、4歳頃になると睡眠中でも排尿の抑制が出来るようになります。
おねしょは、全ての子どもにみられる、ごく自然な現象で、幼児期では15~40%の子どもに夜尿がみられますが、小学生になると5~10%と急激に減少し、中学生になると1~3%まで減少し、思春期の発来までに、ほとんどの子どもが自然治癒します。




夜尿症とは、様々な原因により、夜間睡眠中の排尿のコントロールできない病気です。
その定義(基準)は、年齢や夜尿回数を基準にしていますが、研究者によって多少の違いがあり、厳しいものでは「5歳過ぎて月1~2回以上」、緩やかなもので「5~6歳を過ぎて、毎晩おねしょをする状態」とされています。
日常の診療現場で受診されるお子さんは、ほとんどが後者の方ですが、いつ治るだろうかと心配された時は、専門医に相談して下さい。

受診時期の目安
体の発達段階における未熟性によるものですから、放置しても、いずれ治りますが、お子さんの性格形成にも悪い影響を与えますし、膀胱などの泌尿器疾患が原因の夜尿症もありますので6歳になっても、週に数回おねしょをするときは、小児科を受診することをお勧めします。




夜尿症は、発達段階の未熟性によるものですが、これは遺伝によるものが多いです。
アレルギー性疾患の家系があるように、夜尿症の家系があります。
もし、両親ともに夜尿症がある場合は70%以上が、父親・母親のどちらかだけの場合は40%以上が夜尿症になると言われています。
ちなみに家族歴が無い場合は15%程度です。
また、父親の夜尿が11歳位まで持続した場合、お子さんの夜尿も治療しませんと、同じ年齢まで持続することがあります。