• 低身長について
  • 夜尿症について
  • 腎臓病について
  • ドクター紹介
  • クリニックの案内
  • 交通アクセス
  • 出版物&メディア掲載
  • 低身長・夜尿症・腎臓病Q&A
  • 診察時間
  • 専門外来の初診の方は、お電話でご予約下さい。
  • お問合せ
  • TEL.092-522-0505 FAX.092-522-0039
  • 〒810-0014
    福岡県福岡市中央区平尾2-5-8
    西鉄平尾駅ビル3F


夜尿症の種類





夜尿症の子ども達の中には、治りやすい子どもと、治りにくい子どもがいます。
これは夜尿症の原因(病態)が複数あって、複雑に絡み合っているからです。
夜尿の原因を大きくわけると、おしっこを溜めておく膀胱が小さいことが原因でおこる夜尿症(膀胱型)と、夜間の尿量が多いためおこる夜尿症(多尿型)と、膀胱が小さく、夜間尿量も多い夜尿症(混合型)の3つに分けられます。
夜尿症の原因にみる病型分類
多尿型夜尿症 尿を濃縮する抗利尿ホルモンの分泌が不十分で、夜間尿量を減らすことが出来ないことが原因
膀胱型夜尿症 機能的膀胱容量が小さいことが原因
混合型夜尿症 多尿型と膀胱型、両方の原因を併せ持つ夜尿症





生まれてから、ずっと持続している夜尿症を一次性夜尿症と言うのに対して、6ヶ月以上、排尿の自立が出来ていたのに、再びおねしょを繰り返すようになるのを二次性夜尿症と言います。
二次性の夜尿は、その発症の誘因として、弟・妹が生まれた、保育園・幼稚園への入園、小学校入学、両親の不和・離婚など心理的ストレスがあります。
園や学校への不適応、両親がいつも喧嘩している。嫁姑のいさかいが絶えないことなどで、子どもなりに小さな心を痛めています。
二次性夜尿症の治療は、一次性夜尿症同様の検査・診断のほか、心理的ストレスが誘因と考えられる場合は、心理的ストレスをほぐすカウンセリングを行います。